切り絵で花(マリーゴールド図案)

マリーゴールド

こんにちは!今回はマリーゴールドについて解説しながら
切り絵の図案を紹介できたらと思います。

・マリーゴールドについて

大航海時代、コロンブスがヨーロッパに伝えた花の一つだそう。
聖母マリアの祝日にいつも咲いていたことから、
「聖母マリアの黄金の花」=「マリーゴールド」となったのが名前の由来。
そんなマリーゴールドの花言葉は、
「可憐な愛情」「勇者」「健康」
オレンジ 「予言」「真心」
黄色 「健康」
アフリカン・マリーゴールド 「逆境を乗り越えて生きる」
フレンチ・マリーゴールド 「いつも側において」
レモン・マリーゴールド 「愛情」

 
分類 キク科タゲテス属
原産地 メキシコ、中央アメリカ
誕生花 6/5,8/20
 

・マリーゴールドの切り絵図案

マリーゴールド切り絵図案
マリーゴールド/Myu-a

・まとめ

春から夏にかけて花壇を彩っているマリーゴールドの花。
柔らかくて細長い花びらがくしゅくしゅと集まっているキュートな花形は、
とても愛らしく、黄色やオレンジ色はとても元気をあたえてくれる色である。
そんな元気いっぱいを与えてくれるマリーゴールドをぜひ、切り絵で
作ってみてはいかがでしょうか。