切り絵でお花(カーネーション図案)

こんにちは!切絵を制作しているMyu-aです。
今回は母の日のプレゼントに最適なカーネーションについて
解説しながら、切り絵の紹介が出来たらと思います。

・カーネーションの花について


 カーネーションの花と言えば、思いつくのは母の日の贈り物
 と言うのが大半でしょうか。
 もともと香料をとるために古代ギリシャの時代から栽培されていました。
 それがいつしか日本で「母の日」にカーネーションを送る風習が行われるようになったのは、
 1900年代アメリカで戦争が行われていた負傷兵のケアを行っていたアン・ジャービスさんが
 亡くなった際、娘のアンナ・ジャービスさんが、母が好きだった白いカーネーションを亡き母
 に捧げたことから始まったとされています。
 
 花言葉は「無垢で深い愛」ですが
 色によっても意味合いが異なります。
 赤色 「母への愛」
 ピンク色「感動」
 白色「愛情は生きている」
 
 分類 ナデシコ科ナデシコ属
 原産地 地中海沿岸、西アジア
 別名 ジャコウナデシコ
 誕生花 2/16,4/15(白),5/14(赤),6/15,11/20(赤)

https://www.i879.com/mother/column/05/

・カーネーションの切り絵図案

カーネーションの花の図案
カーネーション図案/Myu-a

・まとめ

「母の日」の起源は、世界中で様々で、日付も異なりますが、日本ではアメリカに倣って5月の
 第2日曜日になりました。
 フリルスカートのように可愛らしい花びらはとても愛らしくプレゼントされたらキュンとする
 でしょう。
 遠くにいて直接生花を渡せない相手でも、お手紙にそっと切り絵のカーネーションをくり抜いて、
 大切な人へ届けてみませんか。